相続 弁護士にお任せ下さい



・2014年5月26日
言書についてを変更しました


・2014年5月26日
遺産分割協議についてを修正しました


・2014年5月26日
相続人調査についての内容を修正


・2014年5月26日
相続方法についての記事を修正しました


・2014年5月26日
遺産相続とはの記事を修正


・2014年5月26日
記事の内容を修正しアップしました


遺産分割協議について

相続人が何人かいる場合、被相続人が亡くなって相続が始まると、遺産は相続人全員の共有のものとなりますが、その遺産をどのように各相続人に分けるかを決める手続きのことを「遺産分割協議」といいます。

遺言で、誰にどのように遺産を分けるかを、被相続人が指示していた場合はその指示どおり遺産を分配しますが、遺言書がない場合は相続人全員でその協議を行い決める必要があります。


相続問題の、解決までの流れを参照下さいませ。


協議は相続人全員の参加が不可欠であり、誰かひとりでも賭けていた場合は、その協議は無効になってしまいます。

例えば、相続人の中に一人疎遠で不仲な人がいたとしても、そのひとりが参加しないことで、協議自体が無効になってしまうのです。


遺産分割協議が成立した場合には遺産分割協議書を作成し、相続人全員が署名・捺印をします。

もし遺産分割協議で話がまとまらなかった場合には、家庭裁判所で調停による遺産分割を行います。

さらにこの調停でも話が不成立の場合には、家庭裁判所の審判による遺産分割を行います。

さらにこの審判にも不服の場合には、高等裁判所での審理になります。


遺産分割に期限はありませんが、分割の話がまとまらない限り、相続財産はいつまでも相続人全員の共有状態にありますので、誰かひとりが勝手に処分することは許されません。