相続 弁護士にお任せ下さい



・2014年5月26日
言書についてを変更しました


・2014年5月26日
遺産分割協議についてを修正しました


・2014年5月26日
相続人調査についての内容を修正


・2014年5月26日
相続方法についての記事を修正しました


・2014年5月26日
遺産相続とはの記事を修正


・2014年5月26日
記事の内容を修正しアップしました


相続人調査について

相続が始まって、遺言書がない場合、まずしなければばらない重要なことの一つが、誰が相続人となるのかを調べることです。


相続人が何人かいる場合、遺産分割が終わるまではこの相続財産は相続人全員の共有状態にあります。

仮に、相続人の誰か一人がいない状態で遺産分割の話し合いをしたとしても、この話し合いは無効になってしまい、また一からやり直しが必要になってきますので注意しなければなりません。


相続人調査は、まず被相続人が生まれてから亡くなるまでの戸籍謄本・除籍謄本・改製原戸籍謄本をすべて手に入れることから始まります。

相続人がすでに亡くなっていて相続できない際、本来なら相続権があった人からさらにその相続権を受け継ぐ代襲制度が生じているような場合には、被代襲者の戸籍謄本類もさらに取得する必要があります。


戸籍謄本類は、最後の本籍地の市町村の戸籍の窓口に直接請求するか、郵送で請求します。

もし本籍地が分からない場合は、最後の住所地の市町村役場で、本籍地の記載のある住民票を入手することでわかります。


相続関係が複雑な場合など、相続人調査も大変困難なものになりますので、不安に感じる方は専門家に早期に相談したほうがよいでしょう。


────────────

【お勧めのサイト】

弁護士の総合情報サイト、「つくしの森」ではジャンルごとに弁護士を検索することが出来ます。

エリア別での検索も可能ですのでぜひご利用下さい。

つくしの森とは ←こちらより確認出来ます。