相続 弁護士にお任せ下さい


遺産相続とは

亡くなった人の遺産のすべてを受け継ぐことを遺産相続といいます。


相続は、その人が亡くなったと同時に始まります。

遺産を相続される故人のことを「被相続人」と呼び、遺産を受け取る人のことを「相続人」と呼びます。


特に法律上届出等が必要、というわけではなく、自動的に遺産のすべてが相続人に引き継がれますので、相続人が被相続人の死亡をまだ知らない時点で、すでに相続は開始されているのです。

相続が始まったら、相続人は誰なのか、相続はどのようにするか、相続人が何人かいる場合はどのように分けるか、を決めていかなければなりません。


相続の開始の時点で、相続人が何人かいる場合、すべての遺産は相続人全員の共有となるため、遺産をどのように分けるかを話し合いで決めるまでは、勝手に遺産を使うことはできません

また、相続の問題は、遺言書があるかないかで変わってきます。


遺言書で、誰に何をどれだけ相続させるか明確にされていれば、相続問題も起こりにくいのですが、実際、遺言書はない場合がほとんどです。


そういった場合、今までは信頼していた知人が、急に金の亡者と化してしまう場合もときにあるわけで、自分の身には起きないであろうと思っていた思わぬ相続問題に出くわすこともあるかもしれません。


相続 弁護士なら、つくし総合法律事務所に任せて安心。